×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大学生向けのクレジットカード紹介

学生がチェックしておくべきクレジットカードのチェックポイント

大学生、初めてのクレジットカード発行でチェックしたい点はこれだ!

★★国際ブランド★★

 

クレジットカードは発行している会社と、クレジットカードのサービスを提供している会社が異なります。

 

クレジットカードで「ブランド」といえば後者で、

 

VISA JCB マスターカード   アメックス   ダイナース

が5大ブランドです。

 

同じVISAカードでも、三井住友が発行するカードは三井住友VISAカード、
MUFGが発行するカードはMUFG VISAカードというわけですね。

 

同じクレジットカードでも、搭載するブランドを複数から選べることもあります。

 

 

では、具体的にどこのブランドを選べばいいのか?

最初の一枚でおすすめなのはVISA、一番加盟店舗が多いです。
マスターカードはVISAと並ぶ米国のブランド、
海外ではマスターカードしか使えない店もたまに見受けられます。
JCBは日本では一番加盟店舗が多いです。
国内利用が中心なら、JCBも魅力的な選択肢ですね。
アメックス・ダイナースは独特の特典やステータスの高さで人気です。

 

繰り返しになりますが最初の一枚は、
特別な理由がなければ
VISAがイチオシですね。

 

 

大学生向けのVISAカードといえばこちら!

カード券面クリックで公式ページに移動(新窓)します。

三井住友デビュープラスカード

三井住友クラシックカード/
クラシックカードA(学生)

三井住友アミティエカード(学生)

 

 

いつでもポイント2倍!

学生向けVISA!!

 

 

 

最もスタンダードな一枚。

スポーツ賠償保険つき!

 

 

女性向けVISA!

携帯料金ポイント2倍!

 

 

★★ポイント還元率★★

 

クレジットカードのポイント還元は、多くの場合1000円で1ポイントです。
しかし、カードによってポイント還元サービスはいろいろ異なります。

 

特定の店舗・サービス利用でポイントが何倍にも増加するクレジットカードがあります。
海外ショッピングでポイント還元率が高いカードもあります。
リボ払い専用カードでは、どんな局面でもポイント還元がお得というカードもあります。

 

それぞれのクレジットカードのポイントサービスをよく比較して、
一番ポイントを貯めやすいクレジットカードを選びたいですね。

 

 

★★海外旅行傷害保険★★

 

海外旅行中に発生したケガや病気、

賠償損害などに保険金が支払われるサービスです。
保険の最大金額に目が行きがちですが、一番のポイントは
「自動付帯」「利用付帯」の違いです。

 

「自動付帯」とは、そのクレジットカードを持っているだけで
海外旅行中の事故について補償してくれるということです。

 

クレジットカード入会と同時に、
自動的に保険に加入できるようなものと考えてください。

 

「利用付帯」とは、そのクレジットカードで事前に
旅行代金や旅行に必要な交通費を
支払った時にのみ傷害保険の対象となるということです。

 

利用付帯のクレジットカードを選ぶ場合、
海外旅行に行く前に必ずそのクレジットカードを使って旅行や航空券の予約を行うようにしましょう。

 

 

 

★★ショッピング保険★★

 

クレジットカードで購入した商品が壊れたり

盗まれたりした時に補償してくれる保険です。

 

買った商品全てが対象になるとは限らず、カードによって条件がいろいろ異なります。
(リボ払いのみ対象、海外で買った商品のみ対象など)

 

また、もともと補償対象外となる商品も多くありますので
決して万能なものではありません。
どこまでが補償範囲内か、よく確認しておきましょう。

 

 

★★搭載できる電子マネー★★

 

クレジットカードによっては、便利な電子マネー搭載カードにすることができます。
(楽天Edyを搭載した楽天カード券面)

 

財布の中身をすっきりさせることができるので、意外と便利なポイントですよ。

 

車に乗る方は、ETCカードをつけるというのもなかなか便利です。

 

 

 

 

★★クレジットカード独自の特典★★

 

カードを持っていれば特定の店舗で優遇サービスが受けられる、
カード加入者のみに特別な特典がある、というクレジットカードもあります。
複数のカードで迷った時は、こういった特典もカード選びの指標の1つになりますね。

 

一例を挙げると・・・

 

 

クレジットカードによって差がありますが、以下はそれほど重要な項目ではありません。

★★年会費★★

 

学生向けのカードは、年会費無料のものが多いですが一部年会費無料が条件付きであるカードもあります。
多くの場合、前年に一度でもカードの利用があれば無料というものが多いです。

 

特に意識せずとも年会費はかからないでしょう。
なので、学生さんがカードを作る時にはそれほど気にしなくてもOKです。

 

★★キャッシング機能★★

 

クレジットカードには多くの場合キャッシング機能がついていますが、
ここでクレジットカードを選んでも意味がありません。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使っての借金は避けましょう。
キャッシングに頼らなくてもよい範囲で、慎み深くクレジットカードは使うものです。