×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大学生向けのクレジットカード紹介

なぜ学生のうちにクレジットカードを作るのか

大学生のうちにクレジットカードを作っておく理由は、以下の3つ。

 

1、大学生から一気に増える消費活動がお得になる

 

大学生からはアルバイトなどで得られる収入がぐっと増えます。
また、大学生生活を送る中で必要な消費もたくさん出てきます。

そんな中、クレジットカードが使える局面でクレジットカードを使うようにするとグッとお得になります。

 

大学生協で、ファミリーレストランで、インターネットショッピングで、ファッションモールで。
身近にクレジットカードが使える場所は意外と多く存在するものです。
また、電子カードを搭載したクレジットカードを持つと、
コンビニなどでのちょっとしたお買い物も楽になります。

 

 

 

携帯電話や公共料金の支払いにカードを使うことで、
意識せずにポイントを貯めギフトカードなどと交換することもできます。

 

三井住友VISAカード アミティエ(学生)
なら、携帯電話の料金支払いでポイントが2倍 つきます。

 

NTTグループカード
の場合、NTTdocomoのケータイやインターネットのNTT系プロバイダなど
NTTのサービスを使っていればお得なキャッシュバックサービス を受けられます。

 

こうしてみると、逆にクレジットカードを持たない方が損・・・
と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

2、社会人になる前の実践的な金銭教育として

 

残念ながら、日本ではクレジットカードの使いすぎ、

消費者金融の安易な利用などで
多重債務に陥ってしまい、破産などに至るケースが非常に多くあります。

 

使えるお金がまだ限定されていて、親の目が届きやすい学生のうちに、
支払える範囲でカードを使う、安易な借入はしないという
日常的な消費活動の大原則を身をもって学ばせておくべきです。

 

万が一学生のうちに無理な出費をし、
学生自身では返せないほどの借金を抱えてしまっても、
学生のうちであればそもそもキャッシングできる上限が低いです。

 

学生のうちに作った借金ならば、親子が協力すれば返済していくことができるレベルで
ダメージを抑えられる場合が多いです。

 

逆に、学生のうちにカードの仕組みや使い方などを理解せず社会人になり、
学生の頃よりもはるかに自由に使えるお金が増えたことに気をよくし
次から次へと消費をしてしまうようなことのほうが問題です。

 

ただし、学生でも身の丈に合わない消費で自己破産などをしてしまう方は現実にいらっしゃいます。

 

・毎月必ず、預金口座に余分なお金は残しておく

 

・どうしても必要な出費のある月以外は、
基本的に貯金を「増やす」ようにする

 

・万が一借金が「〇〇万円」を超えたら親に早めに相談する、
というボーダーラインを設定しておく。

 

こういった手段により、カードを持つ学生の方はもちろん
親御さんも学生さんの金銭管理に気を配っておきましょう。

 

一人暮らしを始める学生さんについては、なおさらです。

 

 

 

3、海外旅行でクレジットカードが強い味方となる

 

今、在学中に海外へ留学や旅行をする学生さんは非常に増えています。
短期留学なども人気ですし、近隣の韓国やハワイなどのパック旅行も
かなり安く販売されるようになりました。

 

実際、若いうちに海外を経験することには大きな意味があります。
グローバル化が進む現代では「語学」は大きな武器となりますし、
時間のある学生のうちに海外旅行に行っておくというのもいいでしょう。

 

そんな今時の大学生にとって、海外旅行に行く前に慌ててクレジットカードを作るよりも
最初から海外で使えるクレジットカードを一枚持っておくのはいいですよ。

 

学生専用ライフカード・・・海外旅行ショッピングで5%キャッシュバック

 

 

このように海外旅行に強い学生向けカードもあります。

 

初めての海外旅行では、多額の現金を持ち歩くのは不安でしょう。
クレジットカードにより必要最低限の現金所持で海外旅行を楽しめます。